看護職をめざすみなさんへ ~みかん大からのメッセージ~

<はじめに>
このたび、烈火电竞官网や看護職をめざそうと思っている方にむけて、このページを開設しました。
新型コロナウィルス感染症が広がっている現在、皆さんも進路について考えていらっしゃることと思います。
このページではそのような皆さんに向けて、進路を考える手掛かりにしてもらおうと大学の現在進行中の教育や
先輩看護職者の活動をお伝えしていきます!

 

NEW!4月1日更新】
今回は、「基礎看護学実習Ⅰ」についてご紹介します!

基礎看護学実習Ⅰは、1年生にとって初めての臨地実習です。例年は10月から12月までの2か月間に1週間おきに4回、病院で実習を行っていましたが、今年は、病院1回と学内3回に変更して実習を行いました。

病院実習では、看護師さんの後ろを影のようについて歩き、看護の現場に密着しました。学生は、看護師さんのすばやく判断して機敏に行動する様子や、優しく穏やかに患者さんに接したりする様子とともに病院や病棟?病室内の構造を見て回りました。

学内実習では、病院実習で見たこと、聞いたこと、教えてもらったこと、気付いたことをグループのメンバーと意見交換を行いました。自分が見学できなかった他の病院や病棟、看護の様子を知ることで、『看護師の役割』について自分の考えを深めることができました。

学内実習の最終日には、「看護におけるコミュニケーションを学ぶ」ため、全員が模擬患者さん(本学4年生)との会話にチャレンジしました。その後、観察していたメンバーと体験者で感想を述べあい、4年生からアドバイスをもらって、自分のコミュニケーションを振り返りました。

 

 

【学内実習の様子】

 

 

 

 

 

 

【学生の声】

  • 臨地実習で看護師さんが行う援助を間近で見て、自分もこんな看護師になりたいと思った。これからの勉強も頑張ろうと思う。
  • 学内実習で他の病院?病棟のことも知ることができた。患者さんの安全?安楽?自立に向けた工夫がたくさんあった。
  • 模擬患者さんと「何をどう話したらいいのか」と戸惑ってしまった。でも、4年生の先輩の体験談やアドバイスは、とても参考になった。

 

【基礎看護学教員からのコメント


臨地での、看護師の活動や療養環境の見学は、まさしく「百聞は一見に如かず」だったことでしょう。また、学内でも活発な意見交換をしたり、4年生からの具体的なアドバイスから、学びを深めることができて良かったなと思います。今回の学びをこれからの学習に活かしてほしいです。

?

?

【そのほかの大学の取り組みについて】

 

?授業?演習や実習の様子

?烈火电竞官网感染症(COVID-19)に対する本学の対策

?大学生協の取り組み

?卒業生に対するサポート体制

また、本学の紹介や入試制度の説明などを動画で配信していますので、ぜひこちらよりご覧ください!

 

トップに戻る